オンラインカジノ回顧録 -ネッテラー-

投稿者: | 2017年11月21日

口座の維持手数料が無料だったこともメリット

維持費無料

ネッテラーは、口座維持手数料が無料になっていたことで、他のサービスよりも口座を作るだけなら簡単にできました。オンラインカジノを利用しない場合でも、ネッテラーの口座を持っているだけなら無料だったので、オンラインカジノを気軽に利用したい方にも便利なサービスでした。ところがネッテラーは停止してしまったので、新しいサービスに切り替えることとなったのです。

オンラインカジノユーザーには良いサービスだった

あまりオンラインカジノを利用しないユーザーにも、毎日のように利用するユーザーに対しても、ネッテラーはかなりいいサービスになっていました。とにかく口座を作っておき、使いたいときだけ利用していればいいだけなので、口座を持っているだけでも安心できたものです。オンラインカジノは、何度も入出金するわけでもないので、維持手数料や休眠口座手数料などがかかってしまうと大変です。これがかからないだけでも大きなポイントとなっていました。
しかしネッテラーは2016年に利用不能となり、オンラインカジノで使うことは不可能となりました。代わりとなったエコペイズやアイウォレットには、口座維持手数料が必要になっているもの、休眠口座となった場合に手数料を取られてしまうことがあるため、ネッテラーほどの使い勝手はありません。

ちょっとだけ遊びたいユーザーに最適だった

ネッテラーは、本当に遊びたいだけのユーザーにも安心して使えるものでした。出金できるサービスとしては本当に使いやすく、しかも口座を作っておけば他のサービスにも使えたことで、海外のサービスを利用するなら非常に良いものとなっていたのです。オンラインカジノで使えなくなってしまったことで、使える範囲が限定的になってしまったことが大きな問題で、ユーザーからはがっかりする声も多くありました。
維持手数料がかからないことは、ただ口座を持っているだけなら無料で、しかも使わないまま放置していても無料のまま残すことができたので、基本的には良いものとなっていました。維持手数料の存在が、オンラインカジノユーザーにはあまりいいものではなかったこともわかります。
新しいサービスはどんどん出ていますが、ネッテラー程のいい状況を作ることができずに苦労しているところもあり、まだ混乱は続いています。本当に使いやすいサービスとして、ネッテラーは今でも戻してほしいという声が聞かれ、それほど手数料の面でも良いものだったのです。

サービスは良かったが手数料が高かった

手数料が高い

現在提供されているエコペイズやアイウォレットも、手数料は用意されていました。しかし入金手数料などはあまり多くなく、エコペイズは無料で入れることの出来るサービスもありました。実はネッテラーは手数料が高いという問題を抱えていて、この手数料によって使いづらいという意見も出ていました。

手数料は入金も出金も取られていた

入金手数料は2.95%に設定されていて、入金する金額に対してプラスで取られてしまいます。入金手数料が無料になっているところもありますので、現在の方法はそれなりに安心できる点もあります。エコペイズはクレジットカードに限れは、これよりも高い手数料を請求することとなりますが、無料で使えるものもありますから、こちらに切り替えればそんなに苦労することもありませんでした。
手数料は出金にも影響していて、最低でも6ドルは取るようにしていました。これに加えて2.95%の手数料をプラスして支払うことになります。アイウォレットやエコペイズは、これよりも手数料が小さいとされていたので、結果的に損失は結構ありました。利用する場合は、結構手数料を取られてしまうと考えて、ユーザーも使っていた部分はありました。

ポイントサービスでそれをカバーしていた

ネッテラーには、ポイントサービスが用意されていて、使った金額に対してポイントを貰う事ができました。このポイントを受け取ることによって、キャッシュバックが受けられるようになっていて、手数料の分は一部カバーできるようになっていました。しかしあまり利用しない傾向があるため、そんなに大きなプラスとなる部分もありません。
報酬ポイントとされているものを受け取ることによって、ネッテラーを使い続けていれば将来的に返ってくるものがある、多くのサービスよりも稼げるかもしれないと言われていました。実際にポイントによって受け取れるものも結構あったので、それなりに良い部分もありました。しかし手数料が高い面もあり、回収には時間がかかっていました。

変化したことでメリットもあった

撤退したネッテラーの代わりに、多くのサービスが使われるようになりましたが、変化したことで手数料が減少するなどのメリットもあったので、必ずしもデメリットだけではない状況ではありません。
変化したことは、逆にオンラインカジノに取ってはプラスとなった部分もあります。しかしマイナスになった部分は計り知れないため、手数料だけで考えにくい点もあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です