違法性の判断材料となるもの

投稿者: | 2019年2月22日

オンラインカジノは違法か否か

オンラインカジノは違法か否か

オンラインカジノが人気となっていますが、日本国内で初めて遊ぶ場合気になるのがその違法性です。
ネット上のギャンブルということもあり、日本国内でプレイをすると、賭博になってしまうのではないかと不安を抱えている方も少なくありません。

しかし、結論から言うと、オンラインカジノは違法でも合法でもない、グレーゾーンであると考えられています。
違法という考え方もあれば、合法という考え方もあり、専門家の間で意見が分かれています。
法律の抜け穴であるグレーゾーンであると考えられているので、直ちに摘発されてしまうだとかそういった対象ではありません。

オンラインカジノの違法性と合法性については、初心者の方もぜひ知っておきたい部分です。
そこで、詳しい事情について見ていきましょう。

オンラインカジノは合法的なものである

オンラインカジノは違法性が高いギャンブルであるとか、怪しいというイメージを持っている方もいますが、実はそういったことは一切ありません。
オンラインカジノは、海外の合法とされている国で、正式に国からライセンスが発行されて、運営されています。
従って、オンラインカジノそのものには何ら違法性がありません。
運営会社についても、知名度の高い、信頼性高い企業ばかりです。

問題はこれを日本国内でプレイした場合のことです。
基本的には、オンラインカジノは海外の業者が運営をしているため、日本人が海外旅行先で、カジノをプレイしているのと同じであると考えて良いでしょう。

日本人がラスベガス、マカオなどのカジノで遊んだとしても全くお咎めはありません。
これは日本の法律だけで、海外で正式に運営されているカジノを裁くことが出来ないからです。
オンラインカジノについても、同じように海外にサーバーが置かれているので、海外旅行先でカジノを愉しむのと同じであると考えられています。

賭博罪には該当しないのか

賭博罪には該当しないのか

オンラインカジノは賭博罪になってしまうのではないかという疑問を持っている方もいますが、基本的に賭博罪というのは、胴元とプレイヤーの両方を摘発することが必要となります。
どちらか一方だけを罪に問うことは出来ません。
しかし、オンラインカジノの場合には海外に業者がありますので、賭博罪として胴元を摘発することが出来ないので、プレイヤーだけを罪に問うことが難しいのです。

賭博罪には2種類があり、国内でギャンブルをプレイすることを禁止する賭博罪、そして賭博する場所を提供することを禁止する賭博場開帳図利罪があります。
このどちらもを摘発する必要があるのですが、オンラインカジノの場合、これが成立しないということもあり、賭博罪に該当しないのです。

海外で運営されているオンラインカジノは事情が複雑で特殊です。
国内で違法に運営されている業者を除き、海外でライセンスを取得しているオンラインカジノは基本的に安全なのです。
しかし、国内で違法に運営されているオンラインカジノ、カジノカフェなどの違法なインカジについては完全に違法ですので、摘発の対象となります。
特にインカジは全国で摘発が相次いでいますので、けして訪れないようにしましょう。

日本人プレイヤーが過去に逮捕された事例について

オンラインカジノはこのように法律的にはグレーゾーンとなっています。
このため、実は過去に日本人プレイヤーが摘発されてしまった事件があります。
しかし、全ての事件が略式起訴もしくは不起訴処分で終わっており、処罰されてしまった例は実は一つもありません。

警察は、オンラインカジノのプレイヤーに対して、略式起訴という形で落とし所を考えていたようですが、裁判で争う姿勢を見せたプレイヤーに対しては、不起訴処分という形で終わっています。
実際に処罰されてしまった例がないということからも、今後も自宅でオンラインカジノをプレイしたからと言って、摘発されてしまったり、また処罰されるリスクはほとんどないと考えておいて良いでしょう。

今後のオンラインカジノの法律はどうなる?

今後のオンラインカジノの法律はどうなる?

カジノ整備法がついに成立したこともあり、オンラインカジノのプレイヤーからすると、オンラインカジノに関する法律は具体的にどうなったのかという点が気になるところです。

しかし、成立したカジノ整備法がには具体的にオンラインカジノについて法律に明記されることはなく、また禁止と断じられることもありませんでした。
オンラインカジノについては、議論が交わされてきましたが、慎重に進めていくという姿勢のみで、禁止と断じられたわけでもありません。
このため、今後も日本国内で、オンラインカジノはグレーゾーン的な位置づけのままであると考えておくと良いでしょう。

自宅でプレイをする分にはなんら問題はありませんし、もしも今後正式に禁止されてしまえば、その時にプレイを止めればいいだけですから、必要以上に不安になる必要はありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です